<< 街全体がアート ヴィエノワサンド >>
フランス旅行記2009
f0157851_236553.jpg


 秋の連休、皆様どう過ごされましたか?
私はフランスへ旅してきました。 
非常に行きたかったので、9月のシルバーウィークを狙って4日間の有給を取り、強行突破。
2ヶ月前なのにチケットがなかなか取れず焦りました。中高時代の親友と2人で旅してきました。

 今回は、9/16夜~9/19はパリ、9/20はシャンパーニュ地方、21、22日はアルザス地方に行ってストラスブール、コルマール、リクヴィルに行って来ました。
23日の夜の便で帰国。もっといたかった。。
写真はリクヴィルという、ストラスブールから電車で30分離れたところにある小さな村。
なんて可愛らしい街並み!
まるで、絵本の中にいるような気分になりませんか?

フランスに来るのは初めてではなかったのですが、更に好きになりました。
その理由を、考えてみた。

・パリも、地方の村も、街全体が芸術作品のよう。
・美味しいバターと乳製品、粉で作られたお菓子やパンがとーっても美味しい
・全てが可愛い
  (街並み、パティスリー、生活雑貨を売る骨董品屋、パリジェンヌ、フランス語のかもし出す雰囲気)

うーん。。。書ききれない。

お菓子作り好きな私としては
特に、バターと生クリームの美味しさに感動した。
バターは、爽やかで、重くなくて、口当たりがとっても軽い。なのにコクがあって、風味が最高。
生クリームも、同様、軽くて爽やかでいくらでも食べられそう。

さらにさらに、今回一番感動したのが、バターを沢山使ったヴィエノワズリー系のパン。
クロワッサン、クイニーアマン・・
最高でしたぁ。作れるようになりたいなぁ

また改めて、それぞれの観点から見たパリ、地方の街。
稚拙な文ですが、私なりの旅行記をUPしていきますね。
[PR]
by erika_30sept | 2009-09-26 03:05 | Voyage*旅
<< 街全体がアート ヴィエノワサンド >>